契約は「とる」もの??

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。

【賛否両論 批判OK】

 

こんにちは!

 

リッチ・リタイヤビジネスプロデューサーの

中村 龍彦です。

 


ビジネスやセールスには、

 

有形無形

ものがありますが、

 

この十数年間私は、


無形もののビジネスを行ってきました。

 

お客様が支払う対価は、

 

提案したサービスが

 

対価に見合うもの、

 

または、

 

それ以上の価値があるものでなければ、

 

契約=購買には至りません。

 

じぶんが「もの」、「サービス」を

 

買うときも同じですよね?。

 

そんな中、


心がけていたのは、


契約は「取る」ものではなく、

「頂く」ものだ、という考え方。

これは、外資系時代の恩師の教え。

 


・あの人に〇〇を売ってきた!

・あの人に〇〇を買ってもらった!

 

 


・あの人から、契約を取ってきた!

・あの人から、契約を頂いてきた!

意味合いは同じ。

でも印象は全然ちがう。。。

 

 

サービス、商品を提供する側の

 

それぞれの言葉を発する時のマインドも違う。。

 

誰の目線なのか一目瞭然ですね。

 

 

当たり前だが、ビジネスの基本は、


売り手と買い手があって成り立つもの。

 

お互いがWINーWINであるのが

 

ベストなのに、

 

相手から契約をとってきて

 

果たして、その「とる」感覚で

 

WIN-WINの関係でいられるのかと。

 

 

 

 

 

 

最近は、webでもいろんな講座の

 

告知がありますが、

 

私の所属業界の中でも普段の会話の中に、


「契約を取る」「契約がとれました!」などの

 


フレーズが多く違和感を感じていました。

 

これも私の勝手な思い込み(信念)ですが。。。

 

まぁ、

 

今、私が関わっているコンサル生には、絶対に

 

《お客様から「契約をとる」》なんてフレーズは

 

使わせませんけどね(^_−)−☆。

 

そこは厳しくやってますよ〜😅

15317811_1293365560726927_241314205143530118_n

 

 

先日のラジオ番組に、外資系金融機関の頃の

 

同僚に出演して頂き、話も盛り上がり

 

その後もいろいろ当時の教えなどを

 

振り返ることができて、

 

ふと思い出すことができたことです、、、。

 

 

 

 

〜人生は後半戦が面白い〜

 

 

 

 

「リッチ・リタイヤ7STEP」メール講座

 
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba-20160808

メール登録はこちらへ↓

https://goo.gl/Iuwv3r

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。
 

Copyright© 中村 龍彦 公式サイト , 2016 All Rights Reserved.