2018/01/14

【人生は自作自演のドラマ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。

【人生は、自作自演のドラマ】

こんにちは!

中村 龍彦です。

昨日、

民事再生手続きを終結させた、

スカイマーク株式会社 代表取締役会長であり

インテグラル株式会社代表取締役の

佐山 展夫氏にお会いし、

お話を伺う機会を頂きました。

 

 

今まで、ファンド会社に対しての

イメージは正直良くなかったのですが、

佐山氏のお話を伺って、M&Aで

相手の会社を救うことができ、そこで

働く人も救うことができるのがM&Aと伺い、

その使命感にイメージが一変しました。

 

 

その想いで、スカイマーク社の再生も手掛け、

現場のスタッフの声をしっかり聴いて、

新たなサービスを展開されています。

その基本は社員満足度を上げることだと。

そして、お客様が来て(搭乗して)くれる

だけでありがたい…と仰っていました。

店舗やショップを展開すると、お客様が来て

当たり前のような錯覚に陥ります。

とんでもないですね。襟を正さねばと思います。

佐山氏が”人生は、自作自演のドラマ”

✔️人生の終着点でどう振り返りたいか?

→「あぁ~、面白かった」で終わりたい。

✔️「キャリアプラン」を考えるべきか?

→10、20年後の世の中は予測不能。

✔️「ロールモデル」を持つべきか?

→ロールモデルは、今の世の中だけのモデル。

✔️給料のいい仕事を探すべきか?

→お金は取り戻せるが、時間は取り戻せない。

✔️人生の転機は相談して決めるべきか?

→自分の一生を一番真剣に考えているのは自分。

✔️失敗するかもしれないが、思い切るべきか?

→失敗する筈のないことをしても達成感はない!

と仰っていたのが印象的でした。

今、目の前に起きている良いことも悪いことも、

自分で筋書きを書き、その主演を演じている…

この約1年間、種火状態にしていた、

自分の中のビジネスに対する炎が

再点火した瞬間を感じました!

そして、

「今」当たり前のことは、

「今」楽しんでやっておこう!

→親がいる、友がいる、走れる・・・。

すべてが当たり前じゃなくなる。

今の年齢に10歳加えてみると別世界。

今がいかに可能性が高いか!

毎日が大切で、過去と比べず、

今が充実している感覚。

そんな、力強さと優しさと深みを感じさせる魅力。

やはり、企業はトップの資質であり、

人であるなぁと実感しました。

実は今まで、私自身国内線は、

JAL、ANA、SFJしか

乗ったことがないんです(^^;

でも、

こんな素敵なトップが経営しているスカイマーク社。

次回、是非乗ってみたいと心から思いました。

 

 

そして、「今」を楽しむ!

「やる」と決めて目標を達成する!

そう感じさせて頂いたひとときでした。

貴重な機会を頂きありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 中村 龍彦 公式サイト , 2016 All Rights Reserved.