2017/08/31

【あと何回親と話せるだろうか?】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。

【あと何回親と話せるだろう?】
こんにちは!

リッチリタイヤビジネスプロデューサーの

中村龍彦です。

数年前に葬儀業界のことを直に学ばせて頂き、

ハワイでの海洋散骨事業でお世話になっている
6069154a-2cd2-4076-b205-a1973ba9a938

(社)日本クオリティオブライフ協会

代表理事  清水 晶子さんの著書

「親とさよならする前に」

〜親が生きているうちに

話しておきたい64のこと〜
を拝読させて頂きました。

fullsizeoutput_1832

わかっていてもなかなか話せない。。

でも気になることは沢山ある。。

不謹慎だと思って話さなかったことで

自分を苦しめることにもなるかも。。

親父の時がそうでした。。

それでも

なかなか一歩が踏み出せない方も多いのでは?

最近は親と同居よりも、別々に暮らす方も

多いと思います。

私もその一人です。

親が一人暮らしをしていれば、

年に数回しか実家に帰れないと、

年々小さくなっていく親の姿に

なおのこと気になるのですが、

なかなか話せないもの。。

超高齢社会、孤独死、介護などいろいろな

報道もされていますが、自分の親のこととなると

うちはまだ大丈夫だろう、

そんなことは考えたくないと思いがち。

でも、何かがあった時に家族は多くの

選択と決断を迫られます。

そして、

そのあとふとした時の虚無感といったら

本当に辛いものです。

あの時、

ああしておけばよかった、

こうしておけばよかったと後悔しないために

しておくべきことが、

こちらの著書にはとてもわかりやすく

具体的に書いてあります。

もっと先の話かもしれないと思う方も

いらっしゃる方もいると思いますが、
親をもつ私たち世代の方々に是非

読んで頂きたいなあと思う本です。

後で、後悔しないために。。。。
=================

「親とさよならする前に」

〜親が生きているうちに

話しておきたい64のこと〜
1

この記事を書いている人 - WRITER -
「人生は後半戦が面白い!」これからの自分の生き方とは?を問い、 ほどほどのお金・有意義な時間・ゆとりある心 を含めた 「リッチ・リタイア」を提唱し、 「今」を生きる価値を伝えるべく、日々活動しています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 中村 龍彦 公式サイト , 2016 All Rights Reserved.